docker composeのコンテナをホストOS再起動時に自動的にスタートする


Published on April 13, 2020

docker-composeファイルから起動するコンテナをホストOS再起動時に自動的に起動するように設定します。


docker-composeファイルに設定を追加


docker-compose.yml
version: '3'

services:
  container_name:
    restart: always

restartの設定値は他にもあります。

公式ドキュメント

設定値 結果
no 自動起動しません。デフォルトの設定値
on-failure[:max-retries] コンテナが0以外の終了ステータスで終了した場合にのみ再起動します。オプションで、Dockerデーモンが試みる再起動の再試行回数を制限します。
always 終了ステータスに関わらず、常にコンテナを再起動します。alwaysを指定すると、Dockerデーモンはコンテナを無期限に再起動しようとします。また、コンテナの現在の状態に関わらず、デーモンの起動時には常にコンテナが起動します。
unless-stopped Dockerデーモンが停止する前にコンテナが停止状態になっていた場合を除き、デーモン起動時を含め、終了状態に関わらず常にコンテナを再起動します。

If you like it, share it!